草恋んブログ

草コインに恋するブログ。Sproutsはじめました。

ただじっと鋳造中

気がつけばビットコイン価格が120万円台になっていますね。自分はというと、SHND(StrongHands)とSproutsをただひたすらウォレットで鋳造(放置してるだけ)しております。

 

もうちょっとでSHNDは鋳造1回目が成功しそうな感じです。Sproutsは2回目が成功しそうな予感。

 

どちらの通貨もこれからスワップが始まるまでは動きが無いと思われますので、それまではひたすら鋳造のつもりです。

 

SHNDは既にハードフォークが済んでいるそうなので、後は新コインの変換の仕組みを待つばかりです。

これは仮想通貨にとっては新しい試みで、新コインに変換するために使ったSHNDはburnされて消えるので、SHNDの流通量が減り、結果1枚あたりのレートが上昇することが期待できます。

あと、しばらく経てばステーキング報酬率を下げていくことが決まっているので、今後時間をかけてSHND通貨の流通量は確実に減少していくと思います。SHNDは通貨量の膨張がなくなりレートが上がる期待あり、新コインは成長の期待あり、と、winiwinの関係を作ろうとしている点は画期的だと思います。やっぱり、SHNDはSHNDですからね、新コインが登場しても唯一無二のネタコインですよね。

 

一方、Sproutsの方は状況に変化が生じています。新コインの名称がSprouts+からAuxiliumに変わりましたが、中身はこれまでのロードマップと同じようです。本家と分家の微妙な関係があるようです。こちらはSHNDと違い、これまでのSproutsをそのまま支持し持ち続けるか、Auxiliumに期待してAuxiliumに変換するか、状況を見ながらよく考える必要がありそうです。

取引後の残り屑で、EtherDeltaの砂コイン(仮称)を買っておく。

EtherDeltaってご存知でしょうか。自分も詳しいわけではないですが、イーサリアムブロックチェーンネットワーク上で行う取引プラットフォームのことです。取引所を介してではなく、トレーダとトレーダが直接、個人用ウォレット間で取引します。

 

個人用ウォレットは、自分はMetaMaskというGoogle Chromeプラグインで動くウォレットを使っています。MetaMaskはEtherDeltaを使う上で必須といっても過言ではありません。とにかく便利!その一言。

 

EtherDeltaは知る人ぞ知るICOであるKINコインを買うために以前使っただけなのですが、コインチェック事件があった今こそ取引所を介さないEtherDeltaが注目されるときかもしれないと思い、久しぶりに使ってみました。

 

以前KINコインを買った時に残っていたイーサリアムの残りが数千円分くらい?あったので、相場もけっこう暴落してますし、何か買ってみようかなと。

f:id:gundomf90:20180203172453j:plain

んで、どうせ買うにしても取引の残り屑の捨て金みたいなもんですし、怪しさ満点の激安コインでいいやと思い、適当に買って放置することにしました。使ってみたところ、年末は通信が重くてまともに取引できなかったのですが、今回は非常にスムーズにpendingまで進み、pendingも10秒くらいで完結しました。これはすばらしい!EtherDelta見直しました。年末~年始辺りはイーサリアムが送金詰まり起こしてましたからね、今こそ仕込み時なのかも。

 

英語だと怪しいコインはscam=詐欺で呼んでますけど、EtherDeltaにある激安コインはどうですかね。scamというより、もう終わってるコインの跡って感じがします。

とりあえず草コイン未満でネタコインでもないし・・・砂コインとでも呼んでおきます。1年後くらいにどうなっているか?このまま消えてる可能性が一番高そう。でもどうなっても構わないので忘れたころに確認してみます(笑)

 

 

ビットコインは強い売り目線に移行。焦らず日足ベースで見守りましょう。

しばらくぶりの記事更新です。ビットコインが下げ続け、コインチェック事件もあり相場は完全に下げ目線に移行しました。

幸い、自分は現在主要アルトコインを一つも保有していませんので、ビットコインの下落以外はあまり影響は受けていません。

 

それにしても国内であれほどの流失事件が起こるとは、何が起きるかわからないものですね。

 

自分も仮想通貨取引を始めた当初はコインチェックとザイフでリップルネムを10万円分程保有してましたが、年末に売り払っていました。

 

どうも日本の取引所はトレーダーの足並みが揃いすぎていて、逆方向にぶれると狼狽売りの歯止めがきかなくなりそうな、不気味な印象を常に感じていたためです。日本が買い支えているリップルネムは、12月に一気に上がった後に、自分にはもう魅力的な通貨には見えなくなっていました。

 

あと、コインチェックはビットコイン以外は取引所ではなく、販売所として機能していて、コインチェック側が高額な手数料を取っている点に疑問があり、初回の購入以降は全く利用していませんでした。トレーダーとしてかなり不満は感じていました。ザイフは手数料は悪くないですが、取り扱い通貨数が少なすぎます。ただチャットは楽しいので、ザイフは自分にとってはチャットとBTC/JPY確認用サイト扱いです(笑)

 

というわけでリップルネムが十分上がって年末を迎えたことだし、取引所も使いにくいし、主要アルトコインといわれている通貨を全て売ってイーサリアムを買い、そのイーサリアムを握りしめ、海外取引所へ潜伏することとなりました。結果的にはそれでよかったようです。

 

自分はバイナンスやCoinExchange、Yobit、Cryptopia、StockExchangeあたりを利用しているんですが、取引所によって取引量の多い通貨は異なりますし、取引所ごとに多種多様な仮想通貨相場の見方があるということがはっきりわかります。国内の取引所だけで取引し、情報収集していると仮想通貨市場全体の動向がわかりませんし、日本の投機熱にさらされて頭が変になりそうです。まあ、海外は海外でpump銘柄がどうたらこうたらの怪しいチャットがにぎわっててそれも目障り耳障りではありますが・・・。

 

海外の取引所の良い所はですね、怪しくても、たまに美味しいところがあるという点です。美味しい通貨が毎日必ず出てきます。

 

日本だとそうはいきません、取り扱い通貨は少ないし、人、モノ、情報がひしめき合っていて、ねらい目通貨をこっそり狙うとかがそもそも無いですね。

 

ささ、今後仮想通貨はどんな動きを見せるでしょうか。見通しが立たなくなって悲観論が増えてきたからこそ、チャンスもまたあるはずです。

 

 

 

 

ビットコインから見る仮想通貨の周期性

今年に入ってからの仮想通貨、とりわけビットコインの下げ幅はトレーダーにとって非常にしんどいものでした。相当に握力が試されている状況です。

 

こんなとき、短期売買をメインでチャートを見てしまうと大きな波の周期性に気づかず、すべてを持って行かれてしまうので気を付けたいところです。

 

ここ数年の仮想通貨の動きに限定して動向を見てみると、明らかに波の周期性があります。

 

まず第一に1月は大きな下げがくるということ。理由はわかりません。とにかく、1月は毎年大きく下げているという事実が重要なのです。つまり、本当にガチホで決めている通貨以外は、12月末で一旦締めたほうがよいということです。ちょうど12月末で1年分の税金計算区分が終わるので、一旦すべて日本円に変えてしまえば税金計算もかなりしやすくなりますね。

 

次に、日足レベルで大きく上げつづけたら、どこかで大きな下げがくること。あと、大陽線がくると反動もかなり強くくること。ビットコイン日足にこれまでと明らかに値幅の違う大陽線が出たら、短期売買で取っていた通貨は全て利確で間違いないでしょう。このあたりに気を付けながらトレードした方がいいかもです。

 

 

懸念事項といえば、新規参入の人たちはこういった目線は持っていないということ。1月暴落でバブル崩壊に乗ってしまった、もう終わりだと思っている人もいるようです。しかし実際のビットコインの下げ率は例年と大差ありません。どうしてよいかわからないのであれば、いっそ売らずに「諦めて」持っておくべきです。

 

下記画像は2017年1月頃のBTC/JPYチャートです。真ん中あたりの昨年の1月5日には15万の高値からその日の安値10万まで下げ、さらに数日かけて8万5千にまで下げています。数日のうちに半値近くまでビットコインは下げている事実があるのです。

その後3月に1月時点の高値上抜けに挑戦しましたが失敗、そして5月に突破し、6~7月末までレンジ相場。8月頭にレンジブレークし、究極の上昇トレンドが年末まで続きました。

 

 

そして最も気になる今回の2018年1月の大幅な下げの終わりについてですが、ネットでは週明けから上昇に移る見通しも多いようです。抜け出てしまっていた資金が再び仮想通貨市場に戻ってくるのが、例年1月の3週目4週目だそうで、そろそろ上昇くるか!?の目線で見ている人はけっこういるようです。

 

もっとも、日足レベルでの上昇トレンド復帰はまだまだかかるのではないかと思います。12月20日あたりからの下落~現在までの間に、下落の綺麗なトレンドラインが出来上がってしまっているので、それを崩すには何か大きな要素が必要です。

Sprouts(SPRTS)を日本人が買い漁っている

 

まずはこれをご覧ください。直近Sproutsの取引を行ったIPの分布です。

f:id:gundomf90:20180118233211j:plain

 

こちらは以前(年明け直後)紹介した時の状況です。

f:id:gundomf90:20180103083635j:plain

日本シェアが初期は2%くらいだったのが、62%に。年末年始の連休明けに発生した急騰で一気に日本人がSproutsを買い漁ったことは明白です。その後の大暴落前から大暴落直後まで下がり続け、MAX時の4分の1までにレートが下がりましたが、今また盛り返してきています。

 

SproutsはSprouts+が登場したら、切り替え申請を行うことで保有しているSproutsをSprouts+に変換できるそうです。

 

Sproutsは開発不在の期間があり、その間POSの制限等を行っていない期間が半年くらいあり、結果2兆枚まで通貨量が増え続け、レートが低い状態が維持されてしまい、1satoshiよりも価値が低いためビットコインとの直接の交換が難しいことが課題になってます。いずれ通貨量が飽和して買い手が追い付けなくなり、無価値になると考えられたため、Sproutsコミュニティでの検討の結果、新しくSprouts+として技術・制度面をレベルアップさせて再出発することになった、とのことです。

 

Sprouts+は最大5億枚での流通となります。自分は現在Sproutsを3億枚ガチホしています。Sprouts+に変換されると、1万5千枚程度になる見込みです。

 

Sproutsはコミュニティベースの仮想通貨で、グローバルな開発陣によって開発されていることや、開発の状況がコミュニティで公表されていて、堅実な運営がなされているので、これからどんどん注目が集まるのではないかと思います。今は投機筋から注目されてレートが上がりましたが、長期的な視点で成長を見守りたいと考えています。

仮想通貨大暴落、しかしトレーダーは冷静

昨日のビットコインを中心とした暗号通貨の大暴落はすさまじいものでしたね。自分はリアルタイムで夕方からZaifのチャットを見てその状況を感じ取っていました。

 

中には慌てふためいて叫んでいる人もいましたが、意外にも冷静に下げを見ている人が多かったように思います。

 

恐らく、仮想通貨は暴落自体がある意味、トレーダー心理としては織り込み済みなのだと思います。

 

自分も常にビットコインは暴落と暴騰を繰り返しながらもそれをエネルギーとしてなお市場が全体としては成長していくという目線で見ています。つまり、暴落は覚悟している、と^^;

 

1月からの激しい値動きの変化を経験して、今までのトレード脳は一旦リセットして、仮想通貨に合わせた対処法を身に着けていく必要があるなと感じました。

 

幸いこの状況でも自分はまだ原資割れしていないので、今はメインのSproutsがSprouts+へ移行して成長することを期待しつつ、ポートフォリオの構築を目指したいと思います。